リアルと過去じゃ違うサインが出るけど、リアルでも使えるインジ

シグナルインジケーターのご紹介です。

先に言っておきますと、このインジは過去のチャートに表示させると、それはそれは素晴らしいサインを出します。

上のチャートもその一例です。
見事に天井と底をとらえています。

しかし、リアルの相場でインジケーターを稼働させると、また違ったサインを表示するのです。

ちょっと難点はありますが、使えるんですよ。

リアルで動かした時に出たサインとと過去のチャートに表示させた時に出たサイン

下のチャートをご覧ください。

■リアルで動かしたサイン

 

■過去のチャートに表示させたサイン

同じインジケーターなのにサインが出てる箇所が違うのが分かるでしょうか?

出たサインが後の相場の動きによって変わるわけではないので、リペイントするインジではありません。

過去のチャートの表示させた時と、リアルで動かしたときにサインの出方が違ってしまうタイプのインジなのです。

一般的にこのようなインジは「使えない」という烙印を押されます。
確かに検証が面倒ですからね。

しかし、このインジに限って言えば、使い方を押さえてやればかなり使えると思います。

サインの例

このインジケーターをリアルで動かした例をご覧ください。

どうでしょうか?意外と悪くないところでサインが点灯するのです。
個人的には上出来だと思うレベルなのですが・・・・。

ダマシを避ける方法

このインジケーターは、大陽線や大陰線が出現したときに逆張りのサインが出ることがあります。

このチャートでは売りと買いのサインが出ていますが、どちらともローソク足がかなり大きいですよね。

このような時はダマシとなりやすいので、シグナルを無視してやれば、勝率は大きく上がるはずです。たったこれだけでダマシが避けられるわけです。

このインジケーターが欲しい方は以下をご覧ください

当サイトの「バイナリーに使えるMT4インジ」カテゴリー内でご紹介しているインジケーターは、以下の商品を購入された方に特典としてプレゼントしています。

これでもう大丈夫!プロの使うツールを提供します ツールの他にも勝つためのノウハウや指標時の取引方法も解説

商品の詳細につきましては、以下の記事をご覧ください。

おすすめの記事