バイナリーオプションは、単利運用すべきか複利運用するべきか?
について考察してみたいと思います。

単利運用・複利運用とは?

まず用語の解説ですが、単利運用は投入金額を変更せずに 資金が増えても減っても一定額で運用する事です。

100,000円の10%投入でスタートして200,000円になりました。
ここでワントレード20,000円に増やして運用しますか?、それとも変えませんか?

増やさないのが単利運用で、増やすのが複利運用です。
これらは相場の状況によって変更したりなど様々な運用パターンが考えられますが、概ねこのような理解でOKです。

どちらが良いかは別として、資金量を活かしてどんどんリスクを取っていくのが複利運用です。
これがトレードの醍醐味とも言えるでしょう。

結論から言うと、複利運用の方が圧倒的にお金を稼げます。
もちろん、その分だけワンショット当たりのリスクは大きくなります。

バイナリーオプションは複利運用すべき?

かのアインシュタインは、複利についてこう述べました。

「人類最大の発見」
「宇宙で最強の力」

複利の力とは、それだけ凄いモノなのですね。
ですから、バイナリーで大きく資金を増やしたいのであれば、複利運用を目指すべきです。

しかし、それでは多少リスクが大きい面もあります。
ですから、私の個人的な意見としては

大きな視点では積極的な複利運用を目指すべきである。
しかしある程度の期間を区切って単利運用する。
目標達成時にワントレードの投入資金を増やして再び単利に切り替える。

といったカタチの単・複利混合運用をおすすめします。

色々と試した結果、コレが一番だという結論にたどり着きました。

単・複利混合運用を進める理由

単・複利混合運用について、多分そんなの当たり前じゃね?
と思う人が多そうなので補足しておきますね。

人間って、勝ちが続くと調子に乗るものです。
自分が神様になったようなそんな気分になります。
恐いものは消え去るんです。

だからほっといたらどんどん複利で運用したがるんです。
10%投入のトレードを毎回するとして勝ったら増やし、勝ったら増やしをしていったら抱えるリスクは基本的には毎回全く変わりませんよね。

そして勝ってから負けた時は基本的にはマイナスですよね。

例えばですが、ペイアウト倍率2倍の場合です。

100,000円で10,000円のエントリーで10,000円勝ちます。
110,000円になったので11,000円のエントリーで負けます。
結果として99,000円になりました。

単利では元に戻るだけですが 毎回10%のような資金管理だとこうなります。
まあ勝率は高い訳だし、仕方ない・・・と思えれば良いのですが。

たまたま勝ったり負けたりが続いた場合、非常にイライラする事になります。

勝敗5割なのにトータルでは負けてる・・・
みたいになります。

連勝した後でもリスクは基本的に10連敗でドボンの状況が続きます。

面倒だし負けが続いた時に結構イライラするものです。
しかも投入資金を増やした途端に負ける・・・。
なんでだよと余計にイライラしたりするものです。

最悪の時を考えながら運用しよう

勝った時は大きいんだから良いんじゃないのって思う人もいるかとは思いますが、人間は損失の方が苦しいという心理がありますので直面すると割り切れないモノがあったりします。

余計な事を考えない為にもある程度は単利で運用する方が良いかと思います。

なのでとりあえずは全資金がいくらになったら投入資金を増やす事を検討する・・・
みたいな感じで期間を区切るのが良いんじゃないかと思います。

その時その時では以上のように考えられますが大きな戦略としての考え方はまた違います。

投資の最大の醍醐味と優位な点は複利運用です。
絶対に許容範囲内での最大の複利運用を目指すべきでしょう。

おすすめの記事