ボリバン、MACD、ストキャス、RSIを使ったオールスターなバイナリー手法

ネット上で無料で公開してあるバイナリー手法をシグナル化するシリーズです。

今回は以下の動画で解説してあるMACD、ボリバン、ストキャス、RSIを組み合わせたトレンドフォロー手法についてシグナル化してみました。

プロが億を稼ぎ出した…とのことですが、多くの指標を使って選別する割にはそれほど優位性はあるかな?と思う点もありました。

使用するインジケーター

使用するインジケーターは以下の通りです。

  • ボリンジャーバンド:20期間、2σを表示
  • MACD:短期EMAを15、長期EMAを30、シグナルを9にして表示
  • ストキャスティクス:パラメーターはデフォルトでメイン線のみ表示
  • RSI:9期間を表示

このようなチャートになります。

メジャーなインジケーターが勢ぞろいって感じですね。

手法のルール

ハイエントリー

 

ハイエントリールール
  1. MACDがゼロラインを超える
  2. ボリバンの2σを終値で上抜ける
  3. ストキャスティクスのメイン線が75以上にある
  4. RSIが65以上である

これらの条件を満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

解説動画を見る限り、MACDがゼロラインを抜けてから、一番最初に条件を満たしたところだけでエントリーするのがよさそうです。

ローエントリー

 

ローエントリールール
  1. MACDがゼロラインを下抜ける
  2. ボリバンの-2σを終値で下抜ける
  3. ストキャスティクスのメイン線が25以下にある
  4. RSIが35以下である

これらの条件をすべて満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

手法としては、明らかにトレンドが出ている状態を選別して、更にボリバンの2σを抜けるような勢いのところで順張りするロジックになっています。

シグナル化してみた

今回ご紹介した手法をシグナル化してみました。

MACDがゼロラインを上抜け・下抜けした後、最初に条件を満たしたときだけにサインが出ているようにしたので、サインの頻度としては少なめですね。

ただ、その割には精度はそこまで高くないのかな?と感じます。
上位足を意識したり、相場の状況を意識してシグナルを選別すると、勝率を上げられると思います。

このインジケーターが欲しい方は以下をご覧ください

当サイトの「バイナリーに使えるMT4インジ」カテゴリー内でご紹介しているインジケーターは、以下の商品のどちらかを購入された方に特典としてプレゼントしています。

ツールのファイルは、ダウンロードページにてダウンロードできます。

ダウンロードページでは、他にもこちらのページでご紹介しているインジケーター全てがダウンロードできます。

これらも沢山のインジケーターを配布していきますので、お見逃しなく!
バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事