ボリンジャーバンドとエンベロープを組み合わせたバイナリー手法

ネット上で無料で公開してあるバイナリー手法をシグナル化するシリーズです。

今回は、以下の動画で紹介してある、エンベロープ、ボリンジャーバンド、RSIを利用する手法をシグナル化しました。

1分取引専用です。
バイナリーでは3つのインジケーター全てが逆張りで使われることが多いですが、本手法は全て順張りです。

使用するインジケーター

使用するインジケーターは以下の通りです。

  • エンベロープ(SMA20、偏差は0.05%)
  • RSI(7期間)
  • ボリンジャーバンド(20期間、2σ)

チャートに表示すると以下のようになります。

RSIが70と30の所にラインを入れておきましょう

エンベロープとは?

エンベロープ(envelope)とは、「封筒」を意味する単語で、テクニカル分析ではその名前のようにローソク足を上下から包み込むようにチャネルを表示するインジケーターです。

エンベロープの歴史は古く、少なくともボリンジャーバンドよりも前からチャーティストから利用されていました。

移動平均線を中心としてその上下に価格の何パーセントか離れたレートにチャネルを表示するため、価格の買われすぎや売られすぎが分かりやすくなる特徴があります。

これはボリンジャーバンドも同じですが、ボリバンはその時のボラティリティによってバンド幅が変わる特性がありますので、似て非なるものと考えたほうが良いでしょう。

手法のルール

ハイエントリー

 

ハイエントリールール
  1. RSIが70以上を推移している
  2. ボリンジャーバンドの2σがエンベロープを上抜ける

この条件を満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

ローエントリー

 

ローエントリールール
  1. RSIが30以下を推移している
  2. ボリンジャーバンドの-2σがエンベロープを下抜ける

これらの条件をすべて満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

エンベロープとボリバンのクロスとは珍しいですね。

シグナル化してみた

では、この手法の条件を満たしたところでサインが出るようなインジケーターを作りましたのでご覧ください。

ハッキリ言って微妙です。

ボリバンとエンベロープのクロスは決してお多い頻度でみられるわけではありませんし、更にはRSIの条件も付くとサインの頻度は少ないです。

しかし、その割には負けとなることが多く、優位性は無いかな?という印象です。

このインジケーターが欲しい方は以下をご覧ください

当サイトの「バイナリーに使えるMT4インジ」カテゴリー内でご紹介しているインジケーターは、以下の商品のどちらかを購入された方に特典としてプレゼントしています。

ツールのファイルは、ダウンロードページにてダウンロードできます。

ダウンロードページでは、他にもこちらのページでご紹介しているインジケーター全てがダウンロードできます。

これらも沢山のインジケーターを配布していきますので、お見逃しなく!
バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事