MT4のローソク足が確定するまでの残り時間を示すインジケーター集

バイナリーオプションで欠かせない要素があります。
それが「時間

バイナリーは判定時間があらかじめ決まっていますので、時間を意識しなくてはいけません。

今回は、ローソク足が確定するまでの残り時間を表示してくれるインジケーターを3つご紹介していきます。

  • RemainingTime_ja
  • Candle_Timer
  • dynamic_candle_timer

どれも優秀なので気に入ったモノを使ってください。

RemainingTime_ja

「RemainingTime_ja」では、現在のローソク足が確定するまでの残り時間をチャート左上に表示します。

とてもシンプルなインジです。
しかし、チャートを使ってバイナリーオプション取引をする場合は欠かせない機能の一つです。

カウントダウンしていくので、見やすくて分かりやすいですね。

設定で表示位置を変えられる

人によって残り時間の表示位置を変えたいと思う事もあると思います。
このインジはそういった要望にも応えられます。

パラメーター設定項目は以下のようになっています。

パラメーターの意味
Corner:左上~右下まで表示位置を変えられる(0~3の数値で変わる)
LocationX:横軸の表示位置を変更
LocationY:縦軸の表示位置を変更
FontSize:フォントサイズを変更
FontColor:フォントの色を変更

Cornerの数字について

一番よく使うのがCornerだと思います。
デフォルトが0で、0~3の数字を入力することで表示位置を変えられます。

1を入力

残り時間をチャート右上に表示します。

2を入力

残り時間をチャート左下に表示します。

3を入力

残り時間をチャート右下に表示します。

フォントサイズについて

フォントサイズの数字を大きくする事で、表示させる文字が大きくなります。

でっかい文字でカウントダウンを見たい人はこの設定を変更しましょう。

 

Candle_Timer

Candle_Timerは、現在のローソク足の右側に、足が確定するまでの残り時間を示します。

現在の足の横に表示されるので、足の挙動と一緒に残り時間も見られるのが良いですね。

フォントサイズや色が変更できる

このインジケーターでは、フォントサイズや色が変更できます。

フォントについては、日本のMT4には「Tahoma」がありませんので、この項目は消去してまっさらにしてください。

 

dynamic_candle_timer

最後にイチオシのインジケーターをご紹介します。

dynamic_candle_timerは、現在のレートにラインを引いて、その下に価格と足が確定するまでの残り時間を表示します。

そして便利なのがライン。
現在の足の値が始値よりも上なら緑色、下なら赤色に変わるので、足確定でエントリーすると、現在勝っているのか負けているのかすぐに分かります。

正にバイナリートレーダー向けのインジケーターと言って良いでしょう。

ラインと残り時間が現在の足の右にしか表示できないのが一つの難点です。
しかし、そんなデメリットを跳ねのけるくらい使えますよ。

 

関連キーワード
バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事