バイナリーでは欠かせない「足が確定するまでの時間」を示すMT4用のインジ

バイナリーオプションで欠かせない要素があります。
それが「時間」

バイナリーは判定時間があらかじめ決まっていますので、時間を意識しなくてはいけません。

そこで今回は時間を意識させてくれるインジケーターを紹介します。

当ブログでは色々なインジケーターを解説してきましたが、一番基本的なインジを出すのを忘れていました(笑)

RemainingTime_ja

「RemainingTime_ja」では、現在のローソク足が確定するまでの時間をチャート左上に表示します。

とてもシンプルなインジです。
しかし、チャートを使ってバイナリーオプション取引をする場合は欠かせない機能の一つです。

設定で表示位置を変えられる

人によって残り時間の表示位置を変えたいと思う事もあると思います。
このインジはそういった要望にも応えられます。

パラメーター設定項目は以下のようになっています。

パラメーターの意味
Corner:左上~右下まで表示位置を変えられる(0~3の数値で変わる)
LocationX:横軸の表示位置を変更
LocationY:縦軸の表示位置を変更
FontSize:フォントサイズを変更
FontColor:フォントの色を変更

Cornerの数字について

一番よく使うのがCornerだと思います。
デフォルトが0で、0~3の数字を入力することで表示位置を変えられます。

1を入力

2を入力

3を入力

フォントサイズについて

フォントサイズの数字を大きくする事で、表示させる文字が大きくなります。

バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事