ADXでレンジ相場を定義し、RSIで行き過ぎから逆張りする手法

ネット上で無料で公開してあるバイナリー手法をシグナル化するシリーズです。

今回は以下の動画で解説してある、ADXとRSIを組み合わせた手法をシグナル化しました。

ADXでレンジ相場を定義して、レンジ相場内での「売られすぎ」と「買われすぎ」から逆張りをする手法になrます。

使用するインジケーター

使用するインジケーターは以下の通りです。

  • ADX:5期間
  • RSI:5期間

このようなチャートになります。

ADXは38、RSIは70と30に水平線を入れてください。

手法のルール

ハイエントリー

 

ハイエントリールール
  1. ADXが38以下にある
  2. RSIが70を上抜ける

これらの条件を満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

ローエントリー

 

ローエントリールール
  1. ADXが38以下にある
  2. RSIが30を下抜ける

これらの条件をすべて満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

ADXが38以下をレンジ相場として、その中でRSIが上げてきたところ、もしくは下げてきたところでエントリーするやり方ですね。

シグナル化してみた

今回ご紹介した手法をシグナル化してみました。

トレンド発生の前兆となるところでは負けることが多いですが、レンジ相場の時には勝率が高いです。

また、相場が大きく動いている時はサインがでません。
そのため、日によってエントリーチャンスが大きく違ってくる手法と言えます。

ボリバンを加えて勝率アップ

この手法はボリンジャーバンドを加えることで勝率が上げられます。

バンド内にローソク足がある状態でサインが出た時はエントリーして、バンド外にローソク足がある状態でサインが出た時はエントリーを見送れば、高確率で負けを避けられます。

このインジケーターが欲しい方は以下をご覧ください

当サイトの「バイナリーに使えるMT4インジ」カテゴリー内でご紹介しているインジケーターは、以下の商品のどちらかを購入された方に特典としてプレゼントしています。

ツールのファイルは、ダウンロードページにてダウンロードできます。

ダウンロードページでは、他にもこちらのページでご紹介しているインジケーター全てがダウンロードできます。

これらも沢山のインジケーターを配布していきますので、お見逃しなく!
関連キーワード
バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事