ボリンジャーバンドのエクスパンションが見えるMT4インジケーター!

逆張りで入ったけど、いつも負けるんだよなぁ

あなたはこういった悩みを持っていませんか?

もしかすると、あなたははボリバンのエクスパンション中に逆張りをしているかもしれません。

そこで今回はボリンジャーバンドのエクスパンションが分かるインジケーターをご紹介します。

このインジケーターを使えば、現在のボリンジャーバンドがエクスパンションか、スクイーズか、それともトレンドかが一目でわかってしまいます。

バイナリーで逆張り戦略を取っている方にとっては、何としてでも避けたい強いトレンドが出ている時の逆張りエントリー。これを効率よく避けられるようになりますので是非ご覧ください。

ボリンジャーバンドって本当に便利なインジケーターなんです。

ボリンジャーバンドの3つの状態

ボリンジャーバンドには3つの状態があります。

  • スクイーズ
  • エクスパンション
  • トレンド(バンドウォーク)

これらは、バンドのが広がっているか、狭くなっているか、同じ方向を向いているかで状態が決まってきます。具体的には以下のようになります。

まず、スクイーズはバンド幅が狭くなってきている状態のことを言います。
スクイーズとは「潰す、絞る」という意味ですので、バンドがギュッと狭くなるイメージです。

次にエクスパンションはバンドの両端が広がる状態です。
相場が一気に動き出したときにエクスパンションが発生します。

最後にトレンドとは、その名前の通り相場の方向が一方向に進んでいる状態です。
この時のバンドは同じ方向を向いています。

トレンドの状態が長く続いていることを「バンドウォーク」と呼びます。

ボリンジャーバンドは3つの状態がサイクルとなっている

ボリンジャーバンドの3つの状態はサイクルになっています。

基本的には、スクイーズ⇒エクスパンション⇒トレンド⇒スクイーズ・・・の順で相場の流れが変わっていきます。

相場のボラティリティは拡大と収縮を繰り返すと言われていますが、ボリンジャーバンドの挙動を観察すれば、その流れが視覚的に分かりやすくなるのです。

特に長く続いたスクイーズ後のエクスパンションは「ボリンジャーバンド・ブレイクアウト」とも言われています。

ボリンジャーバンドは、相場のボラティリティだけでなく、向き、そしてサポレジとなる価格も示す非常に優れたインジケーターです。

これを上手く使いこなせることができれば、FXでもバイナリーでも勝ち組になるのは言うまでもありません。

ボリンジャーバンドのエクスパンションが分かるインジケーター

それではボリンジャーバンドのエクスパンションが分かるMT4インジケーターをご紹介します。

bollinger_bicolor_histo

bollinger_bicolor_histoはボリバンジャーバンドが内向きか拡大しているかでバーの色が変わります。

bollinger_bicolor_histo
    • 赤色:バンドが内向き⇒スクイーズ

 

    • 緑色:バンドが拡大⇒エクスパンション

 

    • 黄色:上バンドも下バンドも同じ方向⇒トレンド

 

バンド3つの状況がデジタルに分かりますので、例えば赤色のバーになっていたら逆張り戦略、緑だったら順張り、黄色だったら押し目や戻りを待つ・・・といった使い分けが可能になります。

特にローソク足がボリンジャーバンドの2σを抜けていてバーも緑色であれば、勢いのあるエクスパンション中と言えます。
この時に逆張りしてしまうと負けやすいので要注意ですね。

 

インジケーターをインストールする方法については以下の記事を参考にしてください。

バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事