負けてもルールを守れるようになるにはメンタルを鍛えろ!

と言われることがあります。
しかし、メンタルなんてそう簡単に鍛えれるものではありません。

ではどうしたらいいのでしょうか?

今回は負けても熱くなりすぎずに、冷静に冷静に取引を続けられるコツを伝授したいと思います。

結論から言いますと、メンタルはトレードに自信をつけることで強くなります。
ではどうすればトレードに自信を付けられるのでしょうか?

とりあえずアツくなったらダメ

デモでトレードしている人、検証のみでチャートを監視しながら勉強している人、資金を使ってトレードしている人・・・。

トレーダーは「利益を出す!」という同じ目標に向かって日々奮闘中です。

その中でバイナリーはシンプルで、勝つか負けるかしかありません。

勝ったときは『よしっ!』と次のトレードに勢いがつきます。

逆に負けたときは『なぬっ!』ってなって無駄に次のトレードに勢いがつきます。
こうなっているときは2連敗を頂きます。

負けたときに落ち込む、アツくなる、萎える。
色々選択の幅はありますけど、これは個々の性格による違いもありますが少なくともアツくなったら駄目です、必ず負けます。

何事でもそうですが、熱くなって冷静さを欠いてしまうと、後になって「なんてコトしたんだぁ」と後悔しますよね。

問題は自分の手法をどれくらい信用しているか

バイナリー取引を続けていて、どれだけ冷静でいられるかは、自分の今実践しているツールや手法をどれくらい信頼してトレードをしているか?で決まってくるモノだと私は考えています。

私の場合、自分で考えた手法でエントリーしているので、1回や2回負けたところで怒ったり、むかついたり、不安になることはありません。

負けた後のエントリーも、チャートを眺めて手に汗を握ることもありません。
見ていても悪いことはないですがメンタルに重石にもなりますので・・・。

このように、負けても冷静でいられるのは、自分の手法やエントリーポイントについて自信があって納得しているからです。

逆に得体の知れないサインや、初めて使う手法やツールとかだったら不安になってエントリーしても不安になってチャートが気になることでしょう。

ですので、新しい商材や自分で考案した手法は、とりあえずしっかりと検証してエントリーに自信とつけていくことが大切です。

負ける事は大前提と心得よ!

バイナリーは勝って負けての繰り返しです。
勝ち続ける事は無理ですし、負け続けることもありません。

勝ち負けを繰り返して、その中でも勝ちの数が負けの数よりも多ければ、トータルの損益がプラスになります。

ですから、負けがあって当然です。
その日の取引がで負けが先行しても、自分のやり方に自信があれば、「まぁ、いずれ勝てるでしょ」と思えるようになるはずです。

こうなるためにも、自分でしっかりと検証して優位性を確認しておくことは絶対に必要ですね。

おすすめの記事