バイナリーオプションとマーチンゲール法の相性は良い?

バイナリーオプションを初めとしたトレードやギャンブルで重要な要素としてポジションサイジングがあります。

ポジションサイジングで有名なのがマーチンゲール

一般的に危険なやり方と言われていますが、実際の所はどうでしょうか?
実際に検証していきたいと思います。

マーチンゲール方は必勝の方法と言われていますが、実際はどうなのでしょうか。

マーチンゲール法とは?

マーチンゲールについて簡単に言えば「負けた時に倍に賭けていく・・・」といったやり方です。

1回目 ⇒ 1,000円
2回目 ⇒ 2,000円
3回目 ⇒ 4,000円
4回目 ⇒ 8,000円
5回目 ⇒ 16,000円

のように負ける毎に倍賭けしていきます。
とてもシンプルで分かりやすいですね。

勝った時のリターンは以下のようになります。

1回目で勝った場合 1,000円投資 2,000円 リターンで1,000円勝ち
2回目で勝った場合 3,000円投資 4,000円 リターンで1,000円勝ち
3回目で勝った場合 7,000円投資 8,000円 リターンで1,000円勝ち
4回目で勝った場合 15,000円投資 16,000円 リターンで1,000円勝ち

つまり、連敗が続いたとしても、最終的に勝てればそれまでの損失額以上を1回の取引で取り戻せる、というのがマーチンゲール法のミソです。

マーチンゲール法は、連敗はそこまで続かないであろうという統計上の前提に基づいて考案されています

 

理論上ではありますが倍賭けを続ける事が出来ればどこかで勝てるというのがこのマーチンゲール法です。しかし、大半の方が察しの通りもちろん問題もありますよね。

負けた時こそ倍賭けというのは直感的にもキビシイ感がありますし・・・

マーチンゲール法の問題点

マーチンゲール方は3つの問題点があります。

  • 確率は低いが連敗をすれば破産する
  • ブローカーによって最大掛け金が決まっている。
  • 最初の投資資金は保守的になる

それぞれについて詳しく解説します。

確率は低いが連敗をすれば破産する

バイナリーで適当に賭けていれば勝率は5割程度に落ち着くでしょう。
勝率5割というと、1回勝ったら次は負けて、次は勝って・・・というイメージになりやすいですが、それは違います。

現実としては例えば100回試行したときに勝ちが50回、負けが50回あった時に勝率5割と計算されます。その100回の試行中に勝ちが50回連続して、残り50回は負けが連続しても勝率5割になります。(極端ですが)

このように、勝率5割でも5連続、6連続程度の負けはザラにあります。
しかもトレード手法に優位性が無くなって勝率が下がってしまえば、更に連敗する可能性は高まります。

その時、賭けるお金は残っているでしょうか?

ブローカーによって最大掛け金が決まっている

バイナリーオプションは、ブローカーとの取引です。
では、ブローカーは際限なく高い金額での取引を続けてくれるでしょうか?

そんなことありませんね。
ブローカーによって掛け金の最大が決まっています。
例えばハイローオーストラリアの最大賭け金は20万円。

延々と倍賭けするのは無理ですね。

最初の投資資金は保守的になる

マーチンゲール法は徐々に取引サイズを大きくする手法です。
次に倍のサイズで取引するわけですから、最初の投資資金は小さくなります。

最初の投資資金が小さいと言うことは、バイナリーオプションの資金効率を生かしていることにはなりません。

マーチンゲールとバイナリーは実は相性が良くない

以上、バイナリーとマーチンゲールについて考察しました。

マーチンゲールは一見すると有効な手法ですが、賭け金の上限が決まっている以上、これで勝ち続けるのは厳しいと思います。

マーチンゲールではなくて手法の優位性で勝負しましょう!
バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事