チャート分析の中で今も昔も人気が高いのが「フィボナッチ」です。

フィボナッチと言えば、フィボナッチリトレイスメント。

直近の高値と安値を結び、その中でどれくらいまで押すのか、戻るのか、を測るのに非常に優れたツールです。

ですが、フィボナッチの利用方法はリトレイスメントに限りません。
今回はフィボナッチを縦軸ではなく横軸に適用する「フィボナッチタイムゾーン」を有効に利用する方法をご紹介します。

フィボナッチ・タイムゾーンを利用すると、サイクルの切り替わりを知ることができるので、天井でのHighエントリーや底でのLowエントリーを効率よく避けることが可能となります。

フィボナッチ・タイムゾーンは少しマニアックですが、使いこなすと強力な武器になること間違いなしです。

そもそもフィボナッチとは?

フィボナッチとは、13世紀のイタリアの数学者である「レオナルド・フィボナッチ」が発見した数字です。

ウサギの出生率に関する数学的解法として、下のような数列が発表されました。

1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144・・・

この数列は、前の2つの数字の和を次に並べていきます。
例えば、8の次を考える場合は、前の2つが5と8ですので、その和となる13が次の数字となるのです。

このフィボナッチ数列ですが、数列内のある数字を、前の数字で割ると、1.618になります。逆に、ある数字を次の数字で割ると、0.618という数字になります。

この0.618や1.618という数字が「黄金率」と呼ばれます。

黄金率は我々の至る所で見られます。

例えば、クレジットカードや名刺。
これらの縦と横の比率は1.618倍です。

他にもパルテノン神殿や巻き貝の巻き方も黄金率が当てはまるとされています。

そして市場の動きもフィボナッチが当てはまることが多いのです。

フィボナッチタイムゾーンの表示方法

それでは話をフィボナッチタイムゾーンに進めます。

フィボナッチリトレイスメントは知っている方は多いと思いますが、フィボナッチタイムゾーンを知っている人はそう多くはありません。

きっと特別なツールを利用しないといけないんだろうなぁ?
と思うかもしれませんが、実はMT4に最初から搭載されている機能です。

まずMT4の上部にある「挿入」をクリックして、「フィボナッチ」⇒「タイムゾーン」を選択します。

選択したら、次にチャートの直近の安値(もしくは高値)をクリックし、ドラッグしながら直近の高値(安値)まで右に引っ張ります。

すると、自動で以降の動きにフィボナッチタイムゾーンが引かれます。

上のチャートでは、0と1と書かれている縦線にフィボナッチタイムゾーンを当てています。
どうでしょうか?

見事にその後の相場のサイクルを当てているのが分かります。
0~1の期間は自分で引いたものですが、1~2は押し目、2~3は再上昇、3~5はトレンド反転となっています。このように市場のサイクルを予測できるのがフィボナッチタイムゾーンなのです。

フィボナッチ・タイムゾーンの表示方法は簡単ですし、どこにラインを当てるかも簡単です。
ぜひ試して見てください。

フィボナッチ・タイムゾーンのハイローオーストラリアへの応用方法

フィボナッチ・タイムゾーンは市場のサイクルの変化を感じ取るのに非常に有用なインジケーターです。

使い方は本当に簡単で、直近の高値(もしくは安値)から安値(もしくは高値)に向かってラインを当てるだけです。

それにもかかわらず、いつ、どのタイミングで市場の流れが変わるかを予測できるのです。

これを踏まえてハイローオーストラリアで利用する方法は2つあります。

  1. 流れが変わるポイントで仕掛ける
  2. 流れに乗っているところで仕掛ける

それぞれについて解説していきます。

流れが変わるポイントで仕掛ける

フィボナッチ・タイムゾーンで流れが変わるポイントとは、自動で縦線が引かれた所になります。

下のチャートで○を付けたところが流れが変わるポイントです。

それまでの流れが上昇で、次の縦線の引かれたポイントに差し掛かると、それ以降は逆方向に進むと考えられます。

ですので、流れが変わる辺りでトレンドとは逆方向で攻めるのです。
それまで上昇の流れだったら、縦線が引かれた辺りからLowエントリーで攻めていきます。

これが上手くいったら、次の戦略に進みます。

流れに乗っているところで仕掛ける

フィボナッチ・タイムゾーンを使って流れが切り替わるポイントが分かりました。

では、実際に流れが切り替わった事を確認したら、今度は現在の流れの方に攻めていきます。

上のチャートでは、矢印の方向に攻めていけば、かなりの高勝率の取引ができるはずです。
し・か・も、流れが変わるのがいつかは既に分かります。
次の縦線が引かれた所ですね。

次の縦線が引かれた辺りで取引を避ければ、例えば下降トレンド終盤でLowエントリーして負ける・・・なんてことが避けられるのです!

負けトレードが避けられる=勝率が上がるわけですね。

フィボナッチ・タイムゾーンで相場の流れを理解しよう

以上、フィボナッチ・タイムゾーンの利用方法の解説でした。

バイナリーと言えど、市場の流れを知ることは大切です。
フィボナッチ・タイムゾーンを使えば、事前のどの辺りで流れが切り替わりやすいのかどうかが分かります。

これを上手に使いこなせば、天井でのハイエントリーや底でのLowエントリーを避けられるばかりか、トレンド転換ポイントで高勝率の取引をすることすら可能です。

ぜひ利用してみてください。

バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事