反発しやすいチャネルラインが表示される"Regression_MT4_V2"

ボリンジャーバンドのようなバンドが表示されるインジケーターです。

しかし、よくみると全体のラインが滑らかで見やすいのが特徴です。

過去のチャートを見る赤いゾーンに入ると高確率で反発しているよう見えますが、これはリペイントである可能性もあります。

Regression_MT4_V2のしくみ

Regressionとは線形回帰という意味で、中心のラインが回帰曲線というものが使われます。

回帰曲線とは、移動平均線と似たようなラインですが、一般的な移動平均線よりも滑らかな動きをします。

そして、回帰直線を中心としてその上下にフィボナッチを利用した標準誤差の線を表示させたのがこのインジケーターです。

パラメーター設定画面は以下の通りです。

回帰曲線を計算する期間やバンド幅などを変更することができます。

Regression_MT4_V2の使い方

Regressionは多くのバイナリーサイトで取り上げられている有名なインジです。

このインジの使い方として、バンドの赤いゾーンまで入って来たところで逆張りする方法が推奨されています。

どうでしょうか?
赤いゾーンに入ってきたところでキレイに反発しているのが分かります。

しかし、このインジケーターは計算の都合上、どうしてもリペイントしてしまいます。
例えば下のチャートをご覧ください。

一番右のローソク足は、赤いゾーンには入っていることが確認出来ると思います。
では、ここから反転して下落するのでしょうか?

その後のチャートをご覧ください。

あれ?
赤いバンドの中にあったはずの足が、気付けばミドルライン付近にあります。

ダマシ船に引っかかったみたいな感じがしますが、Regressionはこのようにリペイントしてしまうのです。

リペイントするからこそ、赤いゾーンで見事に反発しているように見えるわけですね

Regressionを使う場合は、「参考程度」にしておこう

Regressionは「使える!」と手放しで評価するサイトが多いですが、私は賛同できません。

なぜなら上記のようにリペイントするからです。
普通に使っていればこのようなデメリットは当然見えてくるはずなのに、それを「使える」と言うサイトはどうも信用できないですよね。

もちろんこのインジ自体が使えないとは言いません。
赤いゾーンに来たときに、他のサインやシグナルが点灯すればエントリーする、といったフィルタリングとして使うのはアリだと思います。

ただ、このインジケーターを過信しすぎないように注意しましょう。

おすすめの記事