バイナリーオプションは簡単?難しい

初心者が実際にバイナリーオプションにチャレンジしてると、人それぞれいろいろ結果が異なると思います。アプローチや考え方が異なるわけですから、これは当然のことであるといえるでしょう。

ただ、「比較的簡単に勝てる」という根拠のないバイナリーオプションのイメージが、特に初心者の間ではひとり歩きしている印象も正直あります。それだけに、初心者が実際にバイナリーににチャレンジしてみたところ、「思ったよりも難しい」とか、「かなり負けてしまった・・・」といった厳しい現実が突きつけられてしまった、というケースのほうが実際ははるかに多くなります。

ここでひとついえることは、「バイナリーは簡単だ」というイメージは、決して正しくはなく、しかしだからといって誤りであるというわけでもない、ということです。

そして、バイナリーが簡単なのは、結果を得ることではなく、そのルールや考え方、あるいは手続きの部分である、ということです。

バイナリーオプション取引をすること自体は簡単だが・・・


ルールが簡単で、手続きが簡単であるということは、確かに勝つときは簡単に勝つことができるように感じられるでしょう。しかし、実際には負けるときだって、「簡単に負けている」のです。これがバイナリーの魅力であり、奥深さであり、そして怖さでもあるのです。

ですから、初心者にとってより重要な部分は、「バイナリーは簡単であるというのは、簡単に勝てるということを必ずしも意味しない」ということをしっかりと認識する必要がある、ということです。

ただし、バイナリーオプションも学校の勉強や仕事と同じで、研究しながら慣れることで、初心者の時期よりも勝てる可能性が高まります。

ですから、その覚悟さえあれば、はじめに少々負けてしまったとしてもそれほど問題視する必要はありません。簡単に勝てるはずのバイナリーででこんなに負けてしまうなんて・・・もしかしたら自分にはセンスがないのかもしれない・・・そんなふうに考える必要はまったくないのです。

研究と経験がモノを言う世界である


バイナリーで成功した人の話を聞いていると、なんだか失敗したことがないのではないかという印象を受けるくらい、とにかくみなさん誇らしげに成功したプロセスを説明されています。

しかし、結論から言ってしまえば、失敗せずに成功だけしつづけてきたという人などほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

もちろん、失敗したことも成功のための重要なプロセスであったとはじめから理解されているトレーダーの方もいらっしゃるとは思いますが、それにしても、成功談というのは、その内容よりも話し方や話されている方の表情のほうがむしろ興味深かったりもします。

さて、バイナリーオプションのの成功、失敗についてですが、はっきり言って、何をもって成功といえるのか、あるいは失敗といえるのかということ自体が少々難しいところがあるのがバイナリーの特徴でもあります。どちらかといえば、失敗談のほうが、「あのときは失敗したな・・・」という形で表現しやすいという印象もあります。

ただ、私が「あ、成功したな・・・」と感じる瞬間も確かにあるわけで、その感覚は果たしてどんなタイミングで訪れるのかというと、やはりそれは「あのときの失敗を糧にできた」と感じられる瞬間なのです。

正直なことを言ってしまえば、それは成功より失敗のほうがずっとその数は多いです。

というより、失敗を重ねていなければ、単なる勝ち負けという認識で終わってしまうため、「成功した!」という時間が得られないのではないかな、という気がしているのです。

ですから、単に勝ったから成功だったということではないのがFXの特徴であるといえると思います。またそれだけ、FXというのは単なる勝ち負けではないくらい奥が深いトレードであるということも間違いないでしょう。

ということで、FXで成功したいと考えているみなさんにはぜひ実行していただきたいのですが、とにかく「失敗したことをしっかり意識し、これを糧にすること」が、成功のための一番の近道なのではないかな、という気がします。

バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事