RSIが上限や下限に来たらシグナル(矢印)の出るMT4用インジケーター

RSIが上限や下限に来たら逆張りのサインが出るインジケーターが欲しい!!

そう思っているあなたにお勧めしたい無料のMT4インジケーターをご紹介します。

バイナリーオプションでは、RSIの人気が非常に高いです。
それはひとえにRSIはピンポイントでの反転を示唆する能力に長けているからです。

しかし、MT4に標準で搭載されているRSIはシグナルやアラートは鳴りません。
今回ご紹介する「RSI alets」はRSIのシグナルが出るだけでなく、マルチタイムにも対応した高機能インジケーターです。

完全無料ですのでご利用ください。

RSI aletsなら逆張りのサインが出せる

RSI aletsをMT4に表示させると、チャート下にRSI、ローソク足チャート上にサインが出ます。

RSIは、あらかじめ設定した上限値を上抜けするとラインが赤色になります。
同じく下限値を下抜けするとラインが緑色になります。

とても分かりやすいですよね。

そして、上限値を上抜けした足、下限値を下抜けした足に逆張り用の矢印が表示されます。
当然アラートが鳴りますし、メール送信もできます。

上限値や下限値、RSIのパラメーターは設定で変更できますよ。

RSIを使って逆張りを狙いたいバイナリー&FXトレーダーにとっては超魅力的なインジケーターになるはずです。

RSIが戻ってきた時もシグナルが出せる!

RSI aletsの機能はそれだけではありません。

RSIが上限や下限を抜けた後に、再度レンジ内に戻ってきた時にもシグナルを出すことができます。

上のチャートでは、サインが出た足の横に緑や橙色の菱形のドットが出ています。

ドットが出たポイントのRSIを見ると、RSIが下限や上限からレンジ内に戻ってきたタイミングになっています。

このような機能が付いていますので、例えば

RSIが上限や下限から戻ってきたところでエントリーしたい

と思っている人にもおすすめできるインジケーターになります。

え?マルチタイムにも対応?

機能が充実しまくっているRSI aletsですが、最後にもう一つの機能をご紹介します。

それがマルチタイム表示機能です。
マルチタイム表示機能とは、現在の足よりも大きな時間足のRSIを表示する機能です。

この機能を使えば、下のように5分足チャートに30分足のRSIを表示さることもできるのです!

上位足のRSIを表示させると、カクカクした動きになるのが特徴です。

当然、上限や下限を抜けたところ、戻ってきたところでシグナル&アラートも出ます。

上位足のRSIを参考にトレードしている場合、最高に使えるはずです。

RSI aletsのパラメーター

大雑把ですが解説していきます。

  • TimeFrame:時間足を指定します。クリックすると、好きな時間足が選べます。
  • Length:RSIの期間
  • Level UP:RSIの上限値
  • Level Down:RSIの下限値
  • alets○○:アラートを鳴らすかどうか
  • alets on Zone Enter:上限や下限を抜けたらアラートやシグナルを出すかどうか
  • aletson zone exit:上限や下限を抜けて戻ってきたらアラートやシグナルを出すかどうか

機能が豊富な分、設定項目も多いです。
とりあえず上に挙げた項目を変更すれば、好みのシグナルは出せるはずです。

RSI aletsのダウンロード

ダウンロードは以下のボタンをクリックしてください。

インストール方法は以下のリンクからご覧ください。

バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事