バイナリーオプションの口座開設時に注意すべき事

バイナリーオプション業者の口座開設の際に気をつけておくべき事が2つあります。

口座開設時に気をつけておくこと

  • 1日の取引回数に制限があるかないか?
  • 最低購入額や最大購入額はいくらか?

今回はこの2つについて解説していきましょう。

業者によって取引ルールが結構違うのでよく見ておきましょう!

1日の取引回数制限

バイナリーオプションを始めるにあたり、契約を行う業者が1日の取引回数に制限を設けているかどうかについてもきちんと確認するようにしましょう。

このことは、トレーダーのみなさんの取引スタイルによっては、良くも悪くも影響を及ぼす事になるからです。

バイナリーオプション業者によりますが、1日に10回しか取引できない業者や、極端なところでは1週間に数回しか取引ができない、など回数制限を設けている業者があります。

一方、制限はなく、1日に何度も好きなだけ取引を行うことができる業者もあります。

バイナリーオプションにおいて必勝を目指すためには、負けないこと、失敗しないことが重要なポイントとなってきます。

トレーダーによっては、1度負けてしまうと勝つまで何度も取引を重ね、いつのまにか大きな損失が出てしまったという人がいます。

このようなタイプの人は、制限のない業者より1日または1週間に取引ができる回数が制限されている業者の方が安全だと言えるでしょう。

一方で、しっかりとご自分をコントロールすることができ、資金監理も着実にこなすことができているトレーダーであれば、回数制限のない業者を選ぶのも良いでしょう。

ご自分がどのタイプで取引を行っているか今一度振り返って頂き、業者を決めてください。

基本的に国内業者は回数制限あり、海外業者は回数制限なし、と考えて良いでしょう。

最低購入額や最大購入額

バイナリーオプションで投資を行う際、この「上がる」か「下がる」かの2択を選択することになりますが
この「上がる」のか 「下がるのか」という投資に対しての予想を「チケット」という形で購入します。

自身がバイナリーオプションを行う業者、開設した窓口で「上がる」なら「上がる方向予想」でのチケット。「下がる」なら「下がる方向予想」でのチケットを購入することになります。
結果が出た際、購入したチケットに応じたペイアウト行われます。

この「チケット」の価格ですが 基本的には、自身で決めた額になります。

業者によって このチケットの最低購入金額や最高額は異なります。
バイナリーオプションの特徴の「小額からできる投資」の実態はこの「チケット」が、業者によっては50円から購入できるところもありますし、1000円以上の所からもあります。

バイナリーオプションのチケット最低購入額は業者によって異なるので業者の最低額を確認してみるといいかもしれません。

また、購入最大額も頭の中に入れておきましょう。
資金が増えてきたときに、業者によっては対応しきれなくなることもありますので。

ご自身の投資資金とリスクを考えて最低購入金額や最高購入金額を見ておきましょう
おすすめの記事