バイナリーでボリンジャーバンドを使って勝率を上げるテクニック!
悩めるバイナリートレーダー
バイナリーオプションとボリンジャーバンドは相性が良いって聞くけど、なかなか勝てない・・・。

良い設定とか方法がとかがあるのかな?

こんな悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?

確かにボリンジャーバンドはバイナリーオプションと相性が良いため、多くのトレーダーが利用しています。

しかし、2σや3σからのタッチで機械的にエントリーしたとしてもなかなか勝てない事実があります。

そこで本記事ではボリンジャーバンドの基本からバイナリーで勝つための技術までを詳しく解説していきます。

ボリンジャーバンドの超基本

ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差で構成されているインジケーターで、移動平均線を中心にして、その上下にボラティリティを示す線を加えた指標です。1980年代初頭にジョン・ボリンジャー氏によって考案されました。

移動平均線と、当時ではあまり使われいなかった概念である「標準偏差」を組み合わせたボリンジャーバンドは、すぐに世界中の投資家によって利用されることになり、現在ではどの業者のチャートソフトでもボリンジャーバンドは表示できます。

ボリンジャーバンドが表示できないチャートソフトがあったら知りたいくらいです。

そんなボリンジャーバンドは相場のトレンド、ボラティリティの増減、価格の行きすぎ等が一目でわかる優れたインジケーターです。

下のチャートをご覧ください。

真ん中の中央の線が平均移動線で、そこから上下に広がっている線が中央の平均移動線に対する標準偏差のラインになります。

よく見ると紫色や黄色のラインで価格が反転したり、紫色や黄色のラインに沿って相場が動いたり・・・と明らかにこれらのラインが意識されていることが分かりますよね。

このチャートで表示しているボリンジャーバンドのラインは以下の通りです。

  • 白い点線:1σ
  • 紫色のライン:2σ
  • 黄色いライン:3σ

実は相場の値動きのほとんどが黄色いラインの3σ内に収まります。

ボリンジャーバンドの計算式

ボリンジャーバンドは、単純移動平均線を基本として、その上下に標準偏差分だけ離れたところにラインを引きます。

標準偏差とは簡単に言えばバラツキのことです。

バラツキの例
以下の①と②の数字の平均値はどちらとも10です。

  1. 10、9、11、10、10
  2. 20、5、3、14、8

しかし、①と②を比較すると、①はどれも平均値である10付近にありますが、②は平均値の10からかけ離れた数字ばかりです。

では①と②でどちらがバラツキが多いでしょうか?

言うまでもなく②ですよね。
標準偏差はどれくらいバラツキがあるのかを数値化したものになります。

標準偏差は以下の数式で求められます。
簡単に言うと偏差の二乗平均です。

標準偏差の計算式
標準偏差=√(n×n日間の終値の2乗の合計-n日間の終値の合計の2乗)÷(n×(n-1))

標準偏差はσ(シグマ)として示されます。
ボリンジャーバンドでは、求められた標準偏差を移動平均線に足したり引いたりして算出します。

ボリンジャーバンドの計算式
±1σ = n日の移動平均 ± n日の標準偏差
±2σ = n日の移動平均 ± n日の標準偏差 × 2
±3σ = n日の移動平均 ± n日の標準偏差 × 3

移動平均線に標準偏差を加えたのがボリンジャーバンドですが、これが一体何を意味するのでしょうか?それは、バンドの中に価格が収まる確率が統計的に分かるのです。

バンド内に価格が収まる確率

±1σの範囲内に価格が収まる確率 ⇒ 約68.3%
±2σの範囲内に価格が収まる確率 ⇒ 約95.4%
±3σの範囲内に価格が収まる確率 ⇒ 約99.7%

この関係性はあくまでも相場の価格変動が「正規分布だったら・・・・」という仮定です。
実際の動きは正規分布にはなりませんが、これに近い値を取ります。

この標準偏差と価格の取る範囲は下のようなベルカーブで表示することもできます。

これが分かると、ボリンジャーバンドが世界中で普及している意味が分かります。

何と±3の範囲内には、価格のほとんどが収まってしまうのです!
最低でもこのくらいの知識は覚えてからボリンジャーバンドを使っていきましょう。

ボリンジャーバンドの設定期間について

ボリンジャーバンドは移動平均線をベースとしていますので、平均期間をパラメーターで設定できます。

移動平均線については100や50、20など様々な数値が期間として利用されていますが、ボリンジャーバンドについては20もしくは21で使用している人がほとんどです。

多くの人が利用している期間ということは、それだけ意識されやすいですので、特別な理由がない限りはボリバンの期間は20か21にしておきましょう。

ボリンジャーバンドの3つの状況

ボリンジャーバンドの2σや3σで価格が反転することが多い

これはボリンジャーバンドの一つの事実ですが、これを実践してもほとんどの人がボリンジャーバンドを上手く使いこなすことができません。

基本2σ、3σタッチで逆張りなどの使い方が主流に思われがちですが、実際にその使い方をしてしまうと破産することになります。

そうならないためにも、ボリンジャーバンドの3つの状況を知っておきましょう。

ボリンジャーバンドは大きく以下の3つの状態に分類できます。

  • スクイーズ:バンドの両端が狭くなり横ばいの推移
  • エクスパンション:バンドの両端が広がる、ブレイク
  • トレンド:バンドの両端が同じ方向を向く、バンドウォークともいう

価格のほとんどがボリンジャーバンドの±2σ内に収まるのですが、エクスパンション時やトレンド時は価格がバンドを広げながら進むため、2σや3σタッチで逆張りエントリーしても勝ちにくいのです。

そのため、順張りにしても逆張りにしても、ボリンジャーバンドを使う際はその時の状況を見る必要があるのです。

ボリンジャーバンドを使った狙い方

ボリンジャーバンドを使ったバイナリー手法は順張りと逆張りの両方があります。

ボリバンはあくまでも相場の状況を示すインジケーターですので、順張りでも逆張りでも使えるわけですね。

では順張りと逆張りに適したボリバンの状況について解説していきます。

ボリンジャーバンドの順張り

ボリンジャーバンドの順張りは、エクスパンション時やバンドウォーク時で有効です。

このようにバンドに沿ってローソク足が動いている上昇トレンド時は陽線の出現率が圧倒的に高いです。

次の足が陽線か陰線かを賭けるバイナリーオプションにおいては、当然買いを仕掛けるのが当然ですよね。

そのため、戦略としては「すこし下げてきたとこでハイエントリーをする」が正しいです。

2σタッチで順張りエントリーも悪くはありませんが、やはり反転する可能性がありますので、お勧めは出来ません。

ボリンジャーバンドの逆張り

ボリンジャーバンドでの逆張りはバンドが横向きに推移している時が最強です。

このチャートの黄色で囲った部分なら、バンドの±2σタッチで逆張りエントリーしたら超高勝率ですよね。

バンドが横向きの時は、ローソク足の陽線と陰線の出現頻度は1:1になりますが、±2σ近辺までくると逆方向に来る可能性が飛躍的に高まるのです。

このような時には積極的に逆張りしましょう

ボリンジャーバンドの形と時間帯

ボリンジャーバンドの形によって順張りと逆張りのどちらが向いているかが分かって頂けたかと思います。

最初は分かりにくいかも知れませんが、使っていくうちに自然と分かるようになります。

また、時間帯によって形成しやすいバンドの形もありますのでご紹介しておきます。

  • 東京時間:レンジになりやすい
  • ロンドン時間:初動でエクスパンション、その後はバンドウォークになりやすい
  • ニューヨーク時間:バンドウォークになりやすい

あくまで傾向ですが、手法によって狙いやすい時間帯があることを知っておきましょう。

特に2つの市場が重なる時間帯はエクスパンションが発生しやすいですので、レンジ逆張りを狙っている場合は要注意です。

ボリンジャーバンドの理解が進むインジケーター

ボリンジャーバンドの理解が進むインジケーターをご紹介します。

bollinger_bicolor_histo

ボリンジャーバンドの状況をサブチャートのバーで知らせてくれるインジケーターです。

初心者さんだと分かりにくいボリバンの形状ですが、このインジケーターを利用することで、デジタルに客観的に理解できます。

スクイーズ・エクスパンション・レンジがパッと見ただけでわかって便利ですよ。

BBands_Fill

価格がエクスパンションやバンドウォークしているとバンド内の色が変わるインジケーターです。

相場がトレンドかレンジなのかがすぐに分かりますので、ボリバンを使った環境認識やエントリーの判断として重宝します。

ボリンジャーバンドを利用したバイナリー手法

最後に、当ブログで取り上げたボリンジャーバンドを利用したバイナリー手法です。
勝つためのヒントがここにあります。

バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事