ADXとCCIを組み合わせたトレンドフォロー型バイナリー手法

ネット上で無料で公開してあるバイナリー手法をシグナル化するシリーズです。

今回は、以下の動画で紹介してある、ADXとCCIを使う5分取引手法をシグナル化しました。

ADXとCCIだけで売買判断をします。ローソク足は見ません。
両者でトレンドが出ている時にのみ仕掛けるため、チャンスは多くはありませんが、その分だけ優位性があります。

使用するインジケーター

使用するインジケーターは以下の通りです。

  • CCI(12期間、100、-100の値にラインを引く)
  • ADX(12期間、30の値にラインを引いておく)

チャートに表示すると以下のようになります。

ADXはDMI(+DIと-DIも一緒に表示させます。

ADXとCCIを組み合わせた手法のルール

ハイエントリー

 

ハイエントリールール
  1. ADXが30を下から上にブレイクし、+DIも30以上にある
  2. CCIが100以上

この条件を満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

ローエントリー

 

ローエントリールール
  1. ADXが30を下から上にブレイクし、-DIも30以上にある
  2. CCIが-100以上

これらの条件をすべて満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

ADX(DMI)とCCIはどちらともオシレーターですが、トレンドフォローに用いられることが多いのが特徴です。

両者ともトレンド方向やトレンドの勢いを判断する際に使われるため、本手法ではより相場に勢いが付いているところでエントリーするものになります。

特にADXが30を上抜けたところがエントリートリガーとなりますが、これはトレンドが進みすぎてはおらず、かと言ってトレンドが弱くもない絶妙な値です。

とてもシンプルな手法ですが、なかなか期待できそうですよ。

シグナル化してみた

いつものようにご紹介した手法をシグナル化してみました。

どうでしょうか?
なかなか勝てていますよね。

勝率91%とは程遠いものがありますが、トータルでは勝てる手法になるかと思います。

ロジックとしては非常にシンプルですので、これに加えてもう一つくらいエントリーフィルターを足すと、もっと高い勝率が期待できるのではないかと思います。

FXのトレンドフォロー手法の一つとしても普通に使えそうです。

ちなみに、この手法で地味に縁の下の力持ちとなっているのがDMIです。
DMIもADXと一緒に30を上回っている条件が無ければ、エントリー回数はかなり多くなりますが、その分だけ勝率が下がります。

DMIはADXに隠れて存在感が薄いですが、実は使えるインジケーターです。

このインジケーターが欲しい方は以下をご覧ください

当サイトの「バイナリーに使えるMT4インジ」カテゴリー内でご紹介しているインジケーターは、以下の商品のどちらかを購入された方に特典としてプレゼントしています。

ツールのファイルは、ダウンロードページにてダウンロードできます。

ダウンロードページでは、他にもこちらのページでご紹介しているインジケーター全てがダウンロードできます。

これらも沢山のインジケーターを配布していきますので、お見逃しなく!
バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事