二つの商品の違いは一体何?

先日、私が販売している2つの手法の違いは何ですか?という質問を頂きました。

ごもっともな質問ですね。

そこで今回は2つの商品の違いについて詳しく解説したいと思います。

二つは全く違った性質を持ったツールです。

二つの商品の違いについてのまとめ

商品名

(bolinway)

(Candlepattern)

価格4,000円15,000円
判定時間1分、5分取引5分15分、30分取引
内容サインツール+解説サインツール+解説

ダマシを避けるノウハウ

指標トレード手法

インジケーター集

シグナルの頻度少なめ多め
ロジックの内容ボリバン+RSI+プライスアクションオリジナルのプライスアクション

コスパの面で言えば、4,000円のbolinwayの方がお得です。
この理由は私の処女作ということで、実際よりもお安く提供しているからです。

2つの商品について詳しく

それでは、2つの商品について深く解説してきます。

Candlepattern

Candlepatternは、私の長い相場人生の中で見つけた、オリジナルのローソク足のプライスアクションを認識するツールです。

サインは以下のようになり、頻度は多いです。

更に、このツールの良さを引き出すために、他のインジケーターを利用してエントリーを見極めるノウハウもお付けしています。

また、そのほかにも指標時の取引手法や、このブログでご紹介しているインジケーターのダウンロードページへのご案内など、バイナリー取引に対するノウハウやテクニックを数多く提供しています。

色々なやり方を試してみたい!と思う方にオススメしています。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

Bolinway

私が最初に販売したシグナルツールです。

シグナルにはRSI、ボリンジャーバンド、ローソク足のプライスアクションを利用しており、正に王道的なレンジ逆張り手法となります。

サインは以下のようになり、頻度としてはあまり多くはありません。

上のチャートのようにレンジの目立つ相場であればサインは多く点灯しますが、トレンド相場では一気に頻度が下がります。

そのため、どちらかと言えばレンジになりやすい東京市場が得意です。

また、このツールはパラメーターを変更してサインの出方を変更することができます。
サインの出る根拠を全て公開していますので、ご自身の好きなパラメーターでサインを出せますので、初心者だけでなく中級者以上の方にもオススメしています。

どちらも当サイトのみのオリジナルです

2つの商品はどちらも当サイトだけのオリジナルです。

今後は、値上げすることも検討していますので、気になっている方はお早めに購入されることをお勧めします。

おすすめの記事