移動平均線、Force Index、MFIを使った順張り手法!

ネット上で無料で公開してあるバイナリー手法をシグナル化するシリーズです。

今回は、移動平均線、Force Index、MFIの3つのインジケーターを使用する5分取引専用の手法をシグナル化しました。

移動平均線とローソク足がクロスしたポイントを、2つのオシレーターでフィルタリングするやり方です。

使用するインジケーター

使用するインジケーターは以下の通りです。

  • SMA20
  • Force INDEX(13期間)
  • Money Flow Index(14期間)

チャートに表示すると以下のようになります。

少し難しそうですが、ロジックはシンプルです。

Forece Indexとは?

Force Indexとは、投資苑シリーズで有名な「アレキサンダー・エルダー」氏の考案したインジケーターです。

日本語では「勢力指数」と呼ばれ、上昇時や下落時の勢いを見ることができます。

Force Indexは、価格の他にボリューム(出来高)も計算式に入っており、時間、価格、出来高の3つの次元でチャート分析をすることが可能です。

基本的にはゼロラインより上なら買い、ゼロラインよりも下なら売りと判断します。

MFI(Money Flow Index)とは?

MFIはForce Indexと同じ相場のトレンド方向を価格と時間だけではなく出来高を利用して求めるオシレーターです。

RSIと似た特徴を持っていますが、RSIは価格と時間だけが考慮されているのに対して、MFIは出来高を考慮している分、より次元の高い分析が可能となります。

両者とも超有名ですが、ストキャスやRSIほどの知名度があるわけではありません。

手法のルール

ハイエントリー

 

ハイエントリールール
  1. ローソク足が20SMAを上抜けた時、Force Indexもゼロラインを上抜いている
  2. さらにMFIは50よりも上にある

これらの条件を満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

ローエントリー

 

ローエントリールール
  1. ローソク足が20SMAを下抜けた時、Force Indexもゼロラインを下抜いている
  2. さらにMFIは50よりも下にある

これらの条件をすべて満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

ローソク足がMAとクロスする時に2本のオシレーターでフィルタリングします。

シグナル化してみた

今回ご紹介した手法をシグナル化してみました。

正直なところ、今回は微妙です。

というのも、SMA20はかなり意識されやすい指標で、一度ローソク足の実体が抜けたとしても、一時的に戻ってくる可能性が非常に高いからです。

本手法では2本のオシレーターでフィルタリングをしてはいますが、それでもちょっとした戻りのおかげで負けてしまうことが多くあります。

また、サインが出る時と出ない時の差が激しいです。
使い所が難しいかな・・・・とは思いますね。

マーチン不要と書かれていますが、むしろ1マーチンした方が結果はよさそうです。

このインジケーターが欲しい方は以下をご覧ください

当サイトの「バイナリーに使えるMT4インジ」カテゴリー内でご紹介しているインジケーターは、以下の商品のどちらかを購入された方に特典としてプレゼントしています。

ツールのファイルは、ダウンロードページにてダウンロードできます。

ダウンロードページでは、他にもこちらのページでご紹介しているインジケーター全てがダウンロードできます。

これらも沢山のインジケーターを配布していきますので、お見逃しなく!
バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事