バンドウォーク中に逆張りを仕掛けるバイナリー手法【空中浮遊】

ネット上で無料で公開してあるバイナリー手法をシグナル化するシリーズです。

今回は、以下の動画で紹介してある、ローソク足、ボリンジャーバンド、RSIを組み合わせた5分取引用の手法をシグナル化しました。

チャンスは少ないですが、勝てます!
これが本当の意味で有料級と言っていいでしょう。

使用するインジケーター

使用するインジケーターは以下の通りです。

  • ボリンジャーバンド(期間は20、±2σを表示)
  • RSI(14期間、80、70、30、20の値にラインを引いておく)

チャートに表示すると以下のようになります。

チャート自体はシンプルな見た目をしていますね。

バンドウォーク中に逆張りを仕掛けるバイナリー手法のルール

ハイエントリー

 

ハイエントリールール
  1. ローソク足がボリバンの-2σよりも下にあり、足自体も-2σに触れていない(完全に下にある)
  2. RSIが20~30の値を推移している

この条件を満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

ローエントリー

 

ローエントリールール
  1. ローソク足がボリバンの2σよりも上にあり、足自体も2σに触れていない(完全に上にある)
  2. RSIが70~80の値を推移している

これらの条件をすべて満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

バンドウォーク中に逆張りを仕掛けるため、一見すると無謀な手法にも見えますが、相場の行きすぎを突くため、見かけ以上に勝てます。

シグナル化してみた

今回ご紹介した手法をシグナル化してみました。
(チャートは全て5分足です。)

どうでしょうか?
確かに全体として相場が勢いづいてボリンジャーバンドブレイク、もしくはバンドウォーク中に逆張りを仕掛けるエントリーになっていることが分かります。

しかし、その割には結構勝てている印象ですよね。

しかも連続でサインが出た場合の2回目はかなりの高勝率であることもわかっています。
この特徴を活かして、2回目のシグナルでは多めのサイズで取引するのも一つの手だと思います。

ただし、シグナルの頻度はかなり少ないです。
大体1通貨ペアで1日で1回から2回程度のチャンスとなりますので、辛抱強く待つ必要はあるかなと思います。

ただし、信頼性の高いシグナルですので、他の手法と並行して使用するのも良いでしょうね。

このインジケーターが欲しい方は以下をご覧ください

当サイトの「バイナリーに使えるMT4インジ」カテゴリー内でご紹介しているインジケーターは、以下の商品のどちらかを購入された方に特典としてプレゼントしています。

ツールのファイルは、ダウンロードページにてダウンロードできます。

ダウンロードページでは、他にもこちらのページでご紹介しているインジケーター全てがダウンロードできます。

これらも沢山のインジケーターを配布していきますので、お見逃しなく!
バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事