ボラティリティをヒストグラム化してもっともっと分かりやすく!

今回は相場のボラティリティを見やすく表示するヒストグラム型インジケーター「ck_speed」をご紹介します。

このインジケーターは、ATRをベースとしてRSIの計算方法を適用し、標準偏差の概念を加えたものになります。

相場のボラティリティを3段階で表示します。

各色の意味
緑色が高ボラティリティ
赤色が中ボラティリティ
黄色が低ボラティリティ

基礎となるインジケーターがライン表示なので過去2本分ぐらいの再描画がされる事がありますが、トレード判断するにはそれほどデメリットは無いです。

視覚的にとても見やすいのでオススメです。

インジケーターの仕組みについて

このインジは、前述のように相場のボラティリティを示すインジケーターとして有名なATRをベースにして、RSIと標準偏差の考えを計算に入れています。

計算自体は複雑ですが、使い方はとても簡単で、現在のボラティリティが一目で分かります。

パラメーター設定は以下のようになります。

インジケータの詳しい計算方法はコチラのサイトで詳しく解説してあります。

仕組みが分からなくても使い方さえ分かれば大丈夫です。

ボリバンと組み合わせてみる

ck_speedは、現状のボラティリティを示します。
ボラティリティを示すインジと言えばボリンジャーバンドがありますが、組み合わせて使うと結構効果的だったりします。

どうでしょうか?

CKspeedが黄色い状態でバンドにタッチしたら逆張りを仕掛ける
CKspeedが緑色のままバンドを抜けていったら順張りを仕掛ける

といった使い方が良さそうですね。

ハイボラティリティということはトレンドが出やすい状況です。
このような時には素直にトレンド方向にしたがう方が勝てます。

逆に低ボラの時は反転しやすいためボリバンのバンドにタッチして反発してきたときに逆張りすると勝ちやすいです。

もう一例ご覧ください。

FXでブレイクアウトを狙う際のフィルタリングとしても使えます。
ボラティリティを示すインジケーターはどんな手法とも相性が良いので、本当に役立ちますよ。
おすすめの記事