エンベロープ、RSI、CCIを組み合わせた勝てまくる5分取引手法

ネット上で無料で公開してあるバイナリー手法をシグナル化するシリーズです。

今回は、以下の動画で紹介してある、エンベロープ、RSI、CCIを使う5分取引手法をシグナル化しました。

条件の厳しいルールですが、優位性は高く価値のある手法です。

桂木愛用のバイナリーツール

 

手法の概要

まずは手法の概要について解説します。

本手法は、相場の一時的な行きすぎからの反転を見極めてエントリーします。

一時的な行きすぎの判断として使用するのがエンベロープとCCIとRSIです。

CCIとRSIにはボリンジャーバンドも一緒に表示して、絶対的な数値ではなくあくまでもその時のボラティリティの観点から相場の行きすぎを判定します。

使用するインジケーター

使用するインジケーターは以下の通りです。

  • エンベロープ(12期間、偏差は0.5)
  • CCI(14期間、加えて14期間2.5偏差のボリバンも一緒に表示)
  • RSI(14期間、加えて14期間2.5偏差のボリバンも一緒に表示)

チャートに表示すると以下のようになります。

インジケーターが多く、情報量も多いため少しゴチャゴチャします。
また、手法のルールとして少し判別が大変です。

エンベロープ、CCI、RSIを組み合わせた手法のルール

ハイエントリー

 

ハイエントリールール
  1. 価格が下側のエンベロープにタッチして確定
  2. その時のCCIとRCIも下バンドを抜けている

この条件を満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

ローエントリー

 

ローエントリールール
  1. 価格が上側のエンベロープにタッチして確定
  2. その時のCCIとRCIも上バンドを抜けている

これらの条件をすべて満たしたところでエントリーします。

エントリーポイントを矢印で示しました。

エンベロープ、RSI、CCIのつを組み合わせた手法のため、エントリー判断が少し煩雑です。

もちろん無裁量で分かるメリットはありますが、相場によってはなかなかチャンスが無いのがデメリットかと思います。

しかし、逆に言えば、このルールをシグナル化できれば、煩雑な判断を自動化できますね。

このルールで検証した時点で手ごたえを感じています。

シグナル化してみた

いつものようにご紹介した手法をシグナル化してみました・・・が、あまりにも条件が厳しすぎてサインの出る頻度が少なかったため、急遽条件を和らげてサインを作成しました。

オリジナルのルールとは少し異なりますが、サインをご覧ください。(エンベロープ、CCI、RSIは表示しておりません)

かなり勝てていますよね。
これまでのYouTube手法シリーズの中でもトップレベルで勝てています。

サインの頻度は少ないものの、それだけ勝率が高いですし、様々な通貨ペアでも有効に機能します。

もちろん160勝16敗なんてことはまず不可能ですが、間違いなくトータルで勝ち越せる手法です。

私のちょっとしたアレンジが良かったのかな?
このインジケータも条件を満たした人には無料でプレゼントしますので、次項をご覧ください。

このインジケーターが欲しい方は以下をご覧ください

当サイトの「バイナリーに使えるMT4インジ」カテゴリー内でご紹介しているインジケーターは、以下の商品のどちらかを購入された方に特典としてプレゼントしています。

ツールのファイルは、ダウンロードページにてダウンロードできます。

ダウンロードページでは、他にもこちらのページでご紹介しているインジケーター全てがダウンロードできます。

これらも沢山のインジケーターを配布していきますので、お見逃しなく!
バイナリーで消耗するのは終わりです

勝って負けてを繰り返して資金がジリ貧・・・。
そんなバイナリーオプションで苦戦している方必見です!

私が開発したツールを使えば、時間帯を絞ってシグナルに従うだけで完全無裁量で勝率75%以上の取引も可能になります。

しかもロジックは完全公開!

あなたのバイナリー取引はここから始まる!

おすすめの記事