市場間分析と動きやすい時間を見計らってハイローオーストラリアで取引しよう!

株価の指数と、米ドル・円の相場の値動きには相関性があります。
また、動きやすい時間帯もあります。

これをハイローオーストラリアの取引戦略に応用することができます。

市場の特徴的な動きを知れば、戦略が見えてきます。

株価指数と為替市場の関係性

株価指数が米ドル・円相場の値動きから受ける影響に注目して、バイナリーオプションについて考えてみましょう。

投資の世界では景気や社会情勢など、経済状況の良い国の通貨が買われる傾向にあります。

株価の指数と、為替相場が相関性を持ち、連動して影響しあっているケースでは、それらがどのように影響しあっているのか、どのような特徴をもって連動しているのか把握をしておくと、バイナリーオプション必勝のための強い武器となるのです。

ニューヨークダウと為替市場

ニューヨークダウは、クローズする1時間ほど前から大きな動きを見せる傾向にあります。

また、ニューヨークダウが上昇した場合は、翌日の日経平均は上昇しやすくなります。
そして為替相場は円安傾向になり、下降した場合は円高傾向になりやすくなります。

このような市場間の関係性を念頭に入れ、取引の際予測を立てるための参考にすることができれば、精度の高い取引を行うことができるのです。

NYダウと日経平均の相関性は高いです。
また、日経平均とドル円も相関があります。
これらを見ることで、大まかな動きの方向が見えてきます。

市場間分析も完璧では無い

しかし、各国の市場の特徴や傾向は常に一定ではなく、時代や情勢によって常に移り変わるという点には要注意です。 常にその時の傾向をつかみ、判断の材料となる要素を持っておくことが必要です。

ここで述べた例以外にも、同じ考え方でバイナリーオプションに活かせるケースがありますので常日頃から分析をしておきましょう。

バイナリーオプションにおいて、ご自分のトレードスタイルを確立し、信念をまげずに取引をすることは成功への近道になります。

動きやすい時間帯を狙うトレード戦略

ハイローオーストラリアで勝ち越すために、時間取引から見る戦略についてご紹介しましょう。

国と国との間には時差が存在します。
そのため、取引の市場が活動している時間も異なります。

ベテラン投資家達は、各国の市場がかかわりあう影響を考慮しながら、時差を駆使し長期戦で取引を行うこともあります。

例えば、日本時間午後15時から18時にかけては、徐々にアジアの時間からヨーロッパの時間に移り変わります。ヨーロッパの市場で取引が盛んになると、相場の動きが活発になるのです。

動きが活発になると言うことは、値動きにトレンドが発生することになります。
トレンド相場はレートが一方向にすすむので、バイナリーでも非常に取引しやすくなります。

もちろん、「いつ」トレンドが始まって、「いつ」終わるかの予測は無理ですが、トレンドの出やすい時間帯を知っておいて、その時間帯に有効な取引手段を持っていれば、統計的に有意に利益を出し続けることが可能になります。

市場間分析と時間帯による動き方が分かるようになれば、取引の幅が広がる

今回ご紹介した考え方はある傾向レベルの話ですが、利益を出している人なら必ず意識しています。

市場間分析と時間帯。
あまり注目されないものの、実は重要な知識です。
ぜひ頭に入れておいてくださいね。

おすすめの記事